下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは、足の表面の静脈がこぶ状または網目、クモの巣状に拡張し目立つようになった状態です。

心臓から血液は動脈を通って足先まで流れ、静脈を通って足先から心臓までかえっていきます。あしの静脈には通常下から上には流れても上から下に逆流しないように『逆流防止弁』があります。しかし、長時間の立ち仕事や、妊娠出産などあらゆる原因により、その弁が壊れ逆流し始めると、表面の静脈が拡張し静脈瘤ができます。

静脈瘤には表在静脈の本幹である伏在静脈が拡張する伏在静脈瘤や、その枝が拡張する側枝静脈瘤、骨盤の静脈から逆流する陰部静脈瘤、更に細いタイプの網目状静脈瘤、クモの巣状上静脈瘤など様々なタイプがあります。

正常な静脈

弁が正常であれば、血液は下から上に、表在静脈から深部静脈へと流れ、心臓へ帰ります。

逆流する静脈

弁が壊れると血液は逆流し、静脈の中に血液がたまり、静脈がふくれ、静脈瘤になります。

種類

静脈瘤の症状

  • ・だるい、重い、疲れやすい
  • ・ほてる、むくむ
  • ・つり(こむら返り)、痛み
  • ・かゆみ、湿疹、くろみ(色素沈着)
  • ・潰瘍

検査

エコーにて、あしの静脈の血栓や逆流を評価します。造影剤も放射線も使用しませんので、体への影響はありません。血栓があった方や家族に血栓症の既往がある方は、血栓性素因等を採血にて確認させて頂きます。また、診察により全身的問題があると思われた場合、その他の検査を追加させて頂きます。

治療

静脈瘤があるだけで必ず治療しなければならないということはありません。
静脈瘤は、深い静脈に血の塊ができる病気である「深部静脈血栓症」の弱い危険因子ですが、 良性疾患であり、通常は命を左右する疾患ではありません。
しかし下記のような症状がある場合は早めの治療をお勧めします

だるさ・むくみ・つリ・かゆみがある場合
湿疹・色素沈着・硬化など皮膚に変化がある場合は重症

現在、主に行なわれている治療

血管内レーザー焼灼術

静脈にレーザーファイバーを針穴から挿入し、内側からレーザーを照射し閉塞させる治療。レーザーファイ バー先端は2か所から全周性にレーザー照射できる2リングファイバーで、より効率的に静脈を閉塞させ ることが可能。

レーザー照射治療器

照射イメージ

従来の波長980nmのレーザーと異なり1470nmでは、痛みも皮下出血も減少 深部静脈流入部直後から焼灼調整可能瘤化した太い部分もより強く焼灼可能ファイバーはさらに細くなり、伏在静脈本幹のみでなく、分枝にも使用可能
術後1週目をピークに、つっぱりや痛みの可能性あり 同一距離の焼灼ならラジオ波治療より数分遅い

血管内高周波(ラジオ波)焼灼術

レーザー治療と同じくファイバーを針穴から挿入し、内側から高周波伝導による加熱120度で閉塞させる治療。
レーザーより短い焼灼時間で治療可能
3cmか7cmの一定の焼灼しかできないため調整不能

小切開静脈瘤摘出術

(上記治療の補足的治療)

目立つ静脈瘤がある場合、血管内治療と同時に1~2mmの小切開で瘤を摘出する方法。
目立っていた静脈瘤は術後から消失
多少は皮下出血、血腫による痛みあり

硬化療法

静脈に薬剤を注入し炎症をおこし閉塞させ、静脈瘤を消失させる方法。伏在静脈本幹にも適応はあるが、むしろ、術後に残った静脈瘤に後日行う場合と、 陰部静脈瘤や分枝静脈瘤、網目・クモの巣状静脈瘤に単独で外来にて行う場合が多い。

薬剤の挿入

外来で注射するだけ(3割負担で5000円程)
注射部に痛みや炎症を伴い、色素沈着が1年以上残ることあり 再発も他の治療より多い

圧迫療法

弾性ストッキングを着用するか弾性包帯にて締め付ける保存的治療。締め付けて表面の静脈の逆流を軽

弾性ストッキング

着用するだけ
自費(3000~6000円程度)、着用が難しい、 血流不良の方、炎症のある方、糖尿病など神経障害ある方には不適

伏在静脈抜去(ストリッピング)術

伏在静脈本幹がほぼ全長にわたって浅く皮膚直下で突出している場合、血管内治療ではつっぱり強く残るため、皮膚を約1 cmから0.5cm程度、2か所切開し眠っている 間に静脈を抜き取る方法。
(2019年は静脈瘤治療682肢中1例のみ)
手術終了後、そのまま歩いて帰宅可能
レーザー治療より皮下出血は多め

高位結紫術

伏在静脈本幹の起始のみ結紫する方法で、再発が多かったため現在はほとんど行われていない

血管内静脈閉塞術(2020年4月保険診療収載)

(まだ十分に行われていないが最新の治療)

血管内静脈閉塞術は、静脈内にシアノアクリレートという瞬間接着剤のような薬剤を注入し閉塞させる方法。
広い範囲の麻酔は不要 圧迫も不要
伏在静脈本幹にしか使用できない 深部静脈へ流入する手前5cmから注入するため、分枝の調整は不可能、術後の炎症反応、アレルギー反応が強い場合もある

※当院の治療方針
当院では、皆様にとって最も安全で確実な方法を考え、治療を行ってきた結果、微調整可能なレーザー治療が主となっております。